【ほのぼの競馬漫画】Rosylife

伝説の名馬ロージーライフの物語

物語を読む

79 馬の温泉

馬の温泉は茨城県いわき市にあります。 オグリキャップもよく温泉につかりに行ってたんですよ。 温泉だより ここを見れば、療養してる馬を確認することができます。 ディーマジェスティがいますね。 温泉でゆっくりりふれっしゅすることで、かつての輝きを取…

78 馬のにおい

フレーメン反応とは、臭いに反応して唇をあげる生理反応です。 (wikipediaより) フェロモンだったり、珍しい臭いとかに反応するようですね。 と言っても、完全にバカにしてるんじゃないの? というような時もあるような気もしますけど。

77 BTCの調教コースを回ってみた件について

BTCという競走馬の調教施設をご存知でしょうか。 北海道浦河にある軽種馬育成調教センターです。 施設の総面積はなんと1500ha! ・・・・・・。 はい、ピンと来ませんね。 とにかく広いんです。 日高の小さい育成牧場がBTCを利用することで、社台ファーム…

76 新しい馬具

あのぉ。 水中メガネって馬がつけて競馬に出てもいいんでしょうか? あと、腹巻はどうなんでしょうか? 腹巻は馬具というより、服、のような気もしますが。 そういえば水中メガネじゃないけど、調教のときは泥よけカバーみたいなのをつけてるのを見るときが…

75 じっくりと脚を溜める作戦

かかる馬で思い出すのは、最近だとエピファネイアですかね。 かかり癖がなかったらどれだけの成績を残したでしょう。 少し前だとブルーイレヴンという馬がいました。 京成杯での暴走は伝説となっていますね。 武騎手も「朝青龍でも抑えられない」というコメ…

74 雨の影響

雨が降ってきたとき、まず馬場への心配をするのは競馬好きあるあるだと思ってます。 次のページ

73 10年に1頭の九州産馬

競争馬の生産はほとんどが北海道で、九州産はわずか1%ほど。 100頭に満たない数でしかありません。 九州産馬で僕が思い出すのはやっぱり小倉2歳Sを圧勝したコウエイロマンです。 あと最近(といっても2007年)で重賞を勝った馬だとアイビスサマーダッシ…

72  相馬眼の天才

ホッカイドウ競馬の期待の星! それがオオワシである! ホッカイドウ競馬の名馬と言えばコスモバルクですよね。 コスモバルクのオーナーは相馬の天才と呼ばれる岡田さんです。 デビュー前にイギリスダービーに登録したり、何かと楽しませてくれます。 僕は岡…

71 強くはならない

次のページ

70 キャプテン・ギネスとの出会い

これが後に生涯のライバルとなる、ロージーライフとキャプテンギネスの出会いである。。 次のページ

69 ユーレイ船?

久しぶりの更新です。 ここから、怒涛の更新をお見せしましょう!(たぶん) 次のページ

68 選択肢はない

次のページ

67 いざ北海道へ!

船なら京都の舞鶴から北海道の小樽まで安いので1万円くらいで行けます。 20時間くらいかかるけど。 でもそんな船旅も楽しそう。 でもソバカスみたいに酔っちゃう人にとっては地獄かも。 次のページ

66 夏休み?

サマースプリントシリーズとは、夏の間に行われる短距離のレースシリーズで、 函館スプリントS、CBC賞、アイビスサマーダッシュ、北九州記念、キーンランドカップ、セントウルSの6レースで着順に応じてもらえるポイントが一番多い馬に賞金が与えられる…

65 美魔女「奇跡の8歳」

次のページ

64 衝撃のニュース

次のページ

63 衝撃の結末

次のページ

62 早くもダービー最有力の怪物現る?!

次のページ

61 横断幕の効果

次のページ

60 勝てる根拠

次のページ

59 とんでもない馬

次のページ

58 ロージーライフがついにデビュー!!

次のページ

57 かわいい鳥

次のページ

56 馬券の収支

次のページ

55 努力すれば夢は叶う?

次のページを読む

54 幻想

次のページを読む

53 熱狂的なファン

次のページ

52 ダービー馬の栄冠に輝いたのは・・・

次のページを読む

51 渾身の一発

次のページを読む

50 時の止まる脚

次のページを読む