読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ほのぼの競馬漫画】Rosylife

伝説の名馬ロージーライフの物語

日本競馬の最強馬ランキングを発表します【マジなやつ】

最強馬。。それは競馬好きならいつまでも討論できてしまう永遠のテーマでしょう。

どういう基準で最強馬を選ぶかというのも難しいところですが、ここでは天皇賞春→宝塚記念→天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念を戦ってどれだけ上位にこれるかという総合力を重視してランク付けをしていきます。

 

あと、ぼくがリアルタイムで見た馬たちに限定していますので、1995年のサクラチトセオーの天皇賞秋以降、つまり近年20年の活躍馬に限定しています。

 

(追記:つまりナリタブライアンやトウカイテイオー、ミホノブルボン、メジロマックイーンなどは選考外となっています。もちろん映像から予想することはできますが、やっぱりリアルタイムでこそ感じる衝撃とか温度というのがあると思うので。。)

 

それではさっそくどうぞ。

1位「英雄」ディープインパクト

f:id:Rosylife:20160310013009j:plain

14戦12勝 3冠、天皇勝春、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念

答えのない最強馬論争はこの馬の出現でいとも簡単な問題になってしまった。

「走っているより飛んでいる」とまで言わしめた武豊騎手の言葉は有名で、ロンシャンでは展開や馬場の影響もあり飛ぶことはできなかったが、舞台が日本ならば歴史上の世界的名馬でもディープインパクトには敵わない、種牡馬としても4年連続リーディングサイアーとして君臨し、まさに日本のヒーローなのである。

武豊騎手は今でも凱旋門賞の夢を見るという、いつかきっとディープの子や孫から凱旋門賞を勝つ馬が出てくるはず、その背には武豊騎手が乗っていてほしい。

 

2位「金色の暴君」オルフェーヴル

f:id:Rosylife:20160310013022j:plain

21戦12勝 3冠、宝塚記念、有馬記念2勝

阪神大賞典での逸走、天皇賞での大敗など気分屋な面が取りざたされるが、不良馬場の凱旋門賞から高速馬場のジャパンカップまで走りこなす常識やぶりの能力の持ち主で、タフな馬場や展開で勝負するならディープインパクトよりも強いかもしれない。

その破天荒な競馬っぷりから「暴君」と称されたが、ラストランとなった有馬記念では完璧なまでの競馬で8馬身差の圧勝。最後に「名君」ぶりを見せつけた。

 

3位「怪鳥」エルコンドルパサー

f:id:Rosylife:20160310013031j:plain

11戦8勝 NHKマイルC、ジャパンカップ、サンクルー大賞

馬場、展開、距離不問のオールラウンダー。

2着に負けた凱旋門賞では当時最強と呼ばれたモンジューとの叩き合いに「勝ち馬は2頭いた」と現地で賞賛された。

引退後わずか3年でこの世を去ってしまったが、残された産駒からは菊花賞馬、ダートG1勝ち馬を輩出した。今では母の父として存在感を発揮している。

 

4位「覇王」テイエムオペラオー

f:id:Rosylife:20160310015803j:plain

26戦14勝 皐月賞、天皇賞春2勝、宝塚記念、天皇賞秋、ジャパンカップ、有馬記念

史上唯一、古馬王道路線のG1のグランドスラムを達成した名馬。

獲得賞金18億円は現在でも世界最高収得賞金額である。

勝負根性に秀でた馬で勝つときの差はわずかなこと、種牡馬として活躍馬がいないところから成績の割りに地味な存在になっているが、直線で馬体を合わせればどんな相手だろうと彼はきっとわずかの差で勝つだろう。

 

5位「大王」キングカメハメハ

f:id:Rosylife:20160310013045j:plain

8戦7勝 NHKマイルC、ダービー

NHKマイルCで5馬身差の圧勝、続くダービーではレコード勝ち。

名手アンカツさんもキングカメハメハを自分の乗った馬の中で1番に挙げている。

3歳の秋で故障のため引退してしまったが、無事なら海外のG1を勝つような活躍をしていたことだろう。

その能力を証明するかのように種牡馬としてドゥラメンテやロードカナロア、ルーラーシップなど世界クラスの名馬を輩出し、ディープインパクトの2強種牡馬時代を築いている。

 

6位「栗毛の怪物」グラスワンダー

f:id:Rosylife:20160311013835j:plain

15戦9勝 朝日杯、宝塚記念、有馬記念2勝

その黄金の馬体から放たれるオーラとその震えるほどの強さに虜になった人は数知れず、グラスワンダーが1番好きという競馬ファンも多い。

世界がまだ遠い存在だったあの時代、朝日杯でマルゼンスキーのレコード記録を21年ぶりに塗り替えて勝ったグラスワンダーの可能性は誰よりも無限の可能性を感じさせたのだ。

 

7位「王者」スペシャルウィーク

f:id:Rosylife:20160312013116j:plain

17戦10勝 ダービー、天皇賞春、天皇賞秋、ジャパンカップ

武豊騎手に初めてダービーの栄冠をもたらし外国産馬であるグラスワンダー、エルコンドルパサーという怪物らと競いあった。

古馬になってからも王道路線を走りきり、ジャパンカップでは猛威をふるっていた外国産馬ではなく「俺が日本代表だ」とばかりに最強馬モンジューを迎え打った姿には王者の風格が漂っていた。

ネットで「主人公のような馬」と書かれていてとても納得した。

 

8位「桜の王」サクラローレル

f:id:Rosylife:20160312013154j:plain

22戦9勝 天皇賞春、有馬記念

マヤノトップガンを応援していた僕にとってサクラローレルは「どうやったらこんな化け物に勝てるねん。。」と勝ちを諦めてしまうほど脅威的なつよさを誇った。

当時マーベラスサンデーを加えて3強と言われていたが能力では間違いなくサクラローレルがズバ抜けていたし、本当に負けるところが想像できないような馬だった。

それだけにフォワ賞で故障したときには唖然としてしまった。。

しかも勝ち馬の名はヨコハマ。

 

9位「平成の皇帝」サトノダイヤモンド 現役

f:id:Rosylife:20161226145558j:plain

 8戦6勝 菊花賞、有馬記念

平成に現れたニュータイプのヒーロー。

付け入るスキのない完璧な力から皇帝シンボリルドルフと比較されるほど。

これまでに見たことない雄大で静かなフォームから嘘のような加速を見せる。

父ディープが「飛ぶ」走りだとすれば、サトノダイヤモンドはまるで「浮いてる」ような走りなのだ!

まだ強くなる余地を残していて2017年はどうなってしまうのか、もはや恐ろしさを感じるほどでテイエムオペラオーのように時代を席巻するかもと期待している。

 

11位「お祭り男」キタサンブラック 現役

f:id:Rosylife:20161226145609j:plain

 14戦8勝 菊花賞、天皇賞春、ジャパンカップ

逃げ先行して折り合えるというのは近代競馬にとってとてつもないアドバンテージがある。展開や馬場に左右されて持っている能力を出し切るということが難しい最近の競馬にとって、常に全力を出し切れるというのはホントに大きい。

直線に向いて他馬を引き離す瞬発力と最後まで粘る持久力を備えた理想的な競争馬で安定感抜群。

オーナーの北島三郎さんと共に日本競馬を引っ張る姿は多くの人に愛されている。

この馬をすんなり逃がしてしまえばそれこそ「後の祭り」である。

 

11位「黒い宝石」シンボリクリスエス

f:id:Rosylife:20160312013355j:plain

15戦8勝 天皇賞秋2勝、有馬記念2勝

有馬記念の9馬身差のレコード勝ちはもはや伝説である。

もしディープやオルフェが出走していても勝てたかどうか。。

ペリエ騎手は「ぼくの乗った馬のなかでもパントレセレブルと並んで最高の馬だ」と凱旋門賞馬と並べて賞賛した。

パドックで見たことがあるが、その気品に溢れた黒く光る馬体はまるで宝石のようで、存在感で他馬を圧倒していた。

 

12位「野獣」ドゥラメンテ 

f:id:Rosylife:20160311013827j:plain

7戦5勝 皐月賞、ダービー

共同通信杯でかかりどうしで2着、皐月賞では大きく外によれながらの圧勝、なにやら鼻のあたりにごちゃごちゃ馬具もついてるし(クロス鼻革というらしい)狂気を持つやばい馬が現れた。。と思いました。

その勝ち方はキングカメハメハと遜色ないほどの力を感じるし、もしかしたらディープ、オルフェ級の可能性もあるのでは、とすら期待させられる程の可能性を持った馬だった。

骨折後のレースはどれも以前のドゥラメンテの走りではなく、ちょっと評価を下げた感じで引退してしまった。。

 

13位 「黒き天才」マンハッタンカフェ

f:id:Rosylife:20161228202917j:plain

12戦6勝 菊花賞、有馬記念、天皇賞春

 サンデー産駒の中でも菊花賞や天皇賞春を勝ったように、とても落ち着いて走れるクレバーな存在。

道中しっかり溜めた脚を直線で一気に解き放てば、比類なき瞬発力となって他馬を切り裂いた。

その瞬発力は産駒のショウナンマイティやルージュバック、クイーンズリングにしっかりと受け継がれている。

凱旋門賞では故障によって大敗してしまったけど小島太調教師はこういうコメントを残している。

「万全な状態で最後まで走りきれたなら、今でも勝てたと信じているんだ」

 

14位 「天馬」サイレンススズカ

f:id:Rosylife:20170208003806j:plain

16戦9勝 宝塚記念

競馬のタラレバの話になれば、まず誰もが思うのが「もしサイレンススズカが無事だったら」ということじゃないかな?

ディープが現れるまでは武騎手はサイレンススズカを1番に挙げていたし、1800~2000なら日本競馬史上最強との呼び声も高い。

この馬の新馬戦を見たとき全身がゴムのような走りに思わず「はい3冠馬出た!」と思ったほど。

武さんがサイレンススズカの追悼式で送った言葉が印象的。

「君は本当に走ることが好きだった。
天国に行ってもきっと走り回って神様を困らせているでしょう」 

 

15位~35位

14位サイレンススズカ

15位ダンスインザダーク

16位ハーツクライ

17位ダイワスカーレット

18位ブエナビスタ

19位ジェンティルドンナ

20位アグネスタキオン

21位ゼンノロブロイ

22位ヴィクトワールピサ

23位マヤノトップガン

24位メイショウドトウ

25位タニノギムレット

26位メイショウサムソン

27位ルーラーシップ

28位エピファネイア

29位キズナ

30位エアグルーヴ

31位アドマイヤムーン

32位ウオッカ

33位ゴールドシップ

34位マーベラスサンデー

35位アドマイヤベガ

スポンサーリンク

 

まとめ

ランキング付けしてみましたが、ディープインパクトとオルフェーブルは抜けていますがそれ以外の馬の差なんてほんとーにわずかなもんです。

総合力でランク付けしてるので安定感のある馬が上位に来ていますが、距離や展開ひとつで着順が変わるような能力差しかないと思います。

ぜひあなたもこのランキングを見て「いや、この馬よりこっちが上だ!」みたいにあーだこーだ言って楽しんでくださいませ。

 

★競馬漫画も見てっておくれ★

伝説の名馬ロージーライフの物語

 

★おすすめ関連記事★